脊柱管狭窄の症状

脊柱管狭窄

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなることで起こる病気です。脊柱管は、脊髄を通る神経の通り道です。脊柱管が狭くなると、脊髄や神経が圧迫され、さまざまな症状が現れます。

脊柱管狭窄症の主な症状は以下の通りです。

  1. 腰痛

最も一般的な症状です。腰の痛みは、立っているときや歩いているときに悪化し、座ったり横になったりすると改善することがあります。

  1. 下肢のしびれ

足のしびれやチクチク感、痛みは、通常、片側または両側の足に現れます。症状は、歩いたり立ったりしていると悪化することがあります。

  1. 足の脱力

足に力が入らず、歩きにくくなったり、階段を昇るのが困難になったりする可能性があります。

  1. 排尿障害

膀胱への血流が悪くなり、排尿が困難になることがあります。

  1. 便秘

腸への血流が悪くなり、便秘になることがあります。

  1. 性機能障害

男性の場合は勃起障害、女性の場合は性交痛などが起こることがあります。

  1. 足の冷え

足の血流が悪くなり、足が冷えやすくなります。

  1. 足のむくみ

足の血流が悪くなり、足がむくみやすくなります。

  1. 感覚障害

足の感覚が鈍ったり、触れた感覚がわからなくなったりすることがあります。

  1. 歩行障害

症状が進行すると、歩行が困難になったり、足を引きずるようになったりする可能性があります。

上記以外にも、以下のような症状が現れることもあります。

  • 背中の痛み
  • 太ももの痛み
  • かかとの痛み
  • 足のつり
  • 脱力感
  • 疲労感

症状は人によって様々です。

これらの症状のうち、いくつか当てはまる場合は、脊柱管狭窄症の可能性があります。

佐賀市の自然正体ゼロでは手技を使った施術を行なっております。

お気軽にご相談ください。

--
【ご予約・お問い合わせ】
自然正体ゼロ
〒840-0212
佐賀市大和町池上2152-1
TEL. 080-8576-3707
※施術中は電話に出られません。
※お電話受付時間 8:00~20:00

Related Posts

ご予約・お問い合わせ
ご予約はコチラ!